笑うジジイの文筆

ABOUTUSABOUTUS無頼庵's無頼庵's問い合わせ問い合わせ

お知らせほか

  • 無頼庵老師である。

    街ナカを歩き回っていたら喉が渇いてきたので、駅ナカの百均に寄ってみた。
    そこで見つけたのがコレ!

    ココナッツ水

    トロピカーナ・ココナッツウォーターである(^-^)
    甘すぎないので暑いときのガブ飲みにぴったり!

    しかも百均なので¥108で買えるしぃ~
    流行りのココナッツだしぃ~(笑)
    よい子の皆も見かけたら試してみてね(^-^)/

  • 無頼庵老師である。

    新宿の玉川上水跡の緑道で月見草ことオオマツヨイグサを見つけた。

    宵待草

    宵待草とも称される月見草は夏の新宿にぴったりな花じゃよね。
    ほら、太宰治も言っておったろう、

    『新宿には、月見草がよく似合う。』って

    新宿ジャナクテ、富士デショウガ ゞ(^-^;

  • 無頼庵老師である。

    おっさん、おばさん以上の年寄りがお得に映画が観られる夫婦55割引を使って、今話題の「ミニオンズ」を観てきたのじゃ。

    ミニオンズ

    ううむ、ケヴィンがいないのがさびしいぞ(^^;
    大爆笑できる映画なので是非とも御覧あれ!

    50代以上は劇中曲にも要注目!
    ドアーズ、ジミヘン から キンクス、ザ・フーなどなど60年代後半のロックの名曲が目白押しである(^-^)。

    エンドロールで曲をチェックしていたら、劇中でかかっていないビートルズの「revolution」のクレジットが。

    はてな?と思ったその答えは、、、エンドロールの最後に出てくるので映画館で楽しんでねっ!

     

  • この秋に開店予定の立川ららぽーと、
    前を通りかかったので中をのぞいてみたのじゃ。

    ららぽーと

    ううむ、これなら予定通り開店してくれるかも(^-^)/

  • ワシが見聞きしたり実際に体験した「怖い話」その2じゃ。今回はワシが体験した話である。
    お化けや怖い話に弱い方は読み進まないようにねっ!

    ---☆---☆---

    この話はワシが高校生の時の話じゃ。

    当時ワシの家族はアパートの2階に住んでおった。
    あれは忘れもしない8月15日の夜。あまりの暑さに玄関を開け放ち、風呂場のドアも開けっ放しのままワシは風呂に入ろうとしていた。

    湯につかろうと玄関方向に顔を向けたまま片足を湯船につけた、そのとき!
    目の前を人影が通り抜けた。

    身長150cm程、年の頃なら20歳前後、ほっそりとした身体に白いワンピースに身を着たおかっぱ頭で目鼻立ちがはっきりている女性が玄関から真っすぐ前を向いたままワシの目の前を通り抜けた。

    玄関から真っすぐ行った先はワシの部屋なのじゃが、部屋の前に大きなタンスが置いてあり部屋への入り口をほとんどふさいでしまっておるため立ち止まって狭い隙間に身体をすべり込ませて入らなければならない。しかし彼女はまったく足を止めずに真っすぐワシの部屋に入っていったのじゃ!。
    生まれて初めて霊なのか何なのかよく分からない人影?を見たワシは湯船に片足突っ込んだままその場で凍り付いてしまった。

    数分後に恐怖の呪縛が解け、おそるおそる自分の部屋を覗いてみると、そこには人影はなかった。しかし、閉めておいたはずの網戸が両側に開かれておった。そこは2階、しかもベランダはない。網戸を開けて外に出れば、階下の駐車場に落ちてしまう。

    彼女は、玄関から入りタンスを通り抜け網戸を開き空中へと足を踏み出して、ひたすら真っすぐに歩いていったのだろうか?

    数十年前の出来事なのに、今でも通りぬけた彼女の美しい横顔がはっきりと思い出せる。この話には後日談があってのう、それは。。。次回のお楽しみじゃ!

    話を思い切り引っ張ってしもうたわい、わっはっは!

     

  • 無頼庵老師である。

    夏のスペシャルとして、ワシが見聞きした「怖い実話」をお届け致しますぞ。
    お化けや怖い話に弱い方は読み進まないようにねっ!

    ---☆---☆---

    これはワシの叔母の話。

    叔母が同居していたお姑(しゅうとめ)さんが亡くなられたのじゃ。
     お姑さん=旦那さんのおかあさん のこと(よい子向け解説(笑))

    叔母とお姑さんは、案の定そんなに仲がよくなかったそうじゃ。そのお姑さんの葬儀も終わり、叔母が彼女の部屋に入り遺品を片づけておった。その遺品の中から預金通帳がみつかった。

    まあお義母さんの通帳!、いったい幾貯め込んでいたのかしら、、、と通帳を開こうとしたとたん!

    「あんた、なにやっとんの!!」

    死んだはずのお姑さんがふすまを開けて怒り込んできた!!

    あまりの形相に叔母が後ろに飛び退いたとたん、お姑さんの姿は消えていった。。。
    叔母が心底怖いと思ったのは、死んだお姑さんが目の前に現れたことよりも嫁に対する姑の不信と怨念の心そのものだったそうじゃ。

    ううむ、嫁と姑の確執ってホントに恐ろしいのう。

     

  • 無頼庵老師である。
    話を聞いていて思わず「そっちかーい!」と叫んでしまった出来事をご笑納あれ!

    ----------

    ■ばーさんが??

    先日、カミさんの従姉のうちにいったときのこと。
    従姉が面倒をみている百歳近くなった伯母は、認知症が進んでおった。
    そんな状況になった伯母であるが毎日楽しみがあるという。

    従姉が語る。
    「お母さんはね、毎日2chを見るのが楽しみなのよぉ~。」

    え、2ch!?
    90歳を過ぎているのに、あの巨大掲示板2chを愛読するとは!!
    ROMっていてもその存在はすでにVIPである。で、いったい何処の板を見ておるのじゃろう??

    「あ、お母さん、時間になったから見る?」

    そういって従姉はTVリモコンを持った。おお、テレビでネットしておるのか!
    どんな板が現れるのか楽しみにしていると、、

    テレビに歌のお姉さんが現れて歌いだした。え、「おかあさんといっしょ」ではないか。
    2chってEテレのことじゃったのね(^^;

    「そっちかーい!」

  • 無頼庵老師である。

    もくひとつのブログ「世の中知らないことばかり」で書いておるように水戸まで出かけてきたのじゃ。

    詳しくはコチラへ。
    『電車のACコンセントで・・・』

    水戸で所要を終えて帰るとき、ホームのキオスクが妙な形をしておるのに気がついた。
    あれ、なにこれ?
    キオスクの入り口と反対側に回って納得!
    水戸駅キオスク

    なんと【スーパーひたち】型(^◇^;)
    気合いはいってるな~~!

     

  • 無頼庵老師である。

    昨年秋のこと。
    渋谷区内を流れていた玉川上水跡の緑地を歩いていたら、こんな万年塀があるのに気がついた。
    猫あな塀

    塀の下に猫型の穴!、シャア専用ならぬニャア専用の通路である(爆笑)
    こちらにお住まいの方のユーモアに感服した次第である(^-^)

    そのニャア専用通路、久々に前を通ったらこんなことになっておった。
    穴熊禁止

    穴熊禁止は!、やはりニャア専用であったかっ!!
    という前に渋谷区内で穴熊が出没することにビックリ(^◇^;)

     

  • 無頼庵老師である。

    とあるホームセンターの店先で見かけた商品をご紹介。
    この商品、とっても重そうである。

    さあ、どんな商品か見てみよう!
     
     ↓
     ↓
     
     ↓
     ↓
     
     ↓
     ↓

     ↓
     ↓
     
     ↓
     ↓
     
     ↓
     ↓
     
     ↓
     ↓
     
     ↓
     ↓
     
     ↓
     ↓

    重そうな商品
    分かりにくかったら写真をクリックしてね!

    いかがかな?、これ本当に重そうだったでしょ(爆)