笑うジジイの文筆

ABOUTUSABOUTUS無頼庵's無頼庵's問い合わせ問い合わせ

誤変換

  • ●神心地
    (噛み心地)
    あまりの美味しさに噛んでいると神に愛されたような心地になる幻のガムの一誤。

    ●再考の旧速報
    (最高の休息法)
    旧くからの速報体制を再考するのに最高にいいのは一旦休息して考えること。余裕が必要なんだよと誤変換に教えられる一誤。

    ●生き返りにポケモン
    (行き帰りにポケモン)
    ワシのような死に損ないのジジイでも、歩き回って元気に生き返らせてしまうパワーいっぱいなポケモンGOを讃える一誤。実際ワシの2つ上の知人はポケモンで毎日歩いて健康になってます(笑)

    ●裂く女中
    (削除中)
    シュレッダーがなかったころは、女中さんが重要書類を裂いて処理していた昭和のお屋敷にある書斎の風景な一誤。
    その女中さんが振り返る。「旦那様、わたしきれい??」、ギャー!近所で恐れられていた口裂け女はうちの女中さんだった!、なんて変な妄想を削除している江戸川乱歩ファンの旦那さんの一誤でもあるのじゃ。

    ●大市開発部
    (第一開発部)
    モールやデパートなど大きな市場たる商業施設のデベロッパーは第一開発部である大手建設会社の一誤。

    ●振動と弓道の合流
    (新道と旧道の合流)
    矢を放ったあとのツルの振動まで制御する弓道、その奥義は新道にリズミカルに旧道の車を合流させる技術に活かされているのであります(なんのこっちゃ(^ ^ゞ)

  • ●幼児している
    (用事している)
    太郎ちゃん、おうちの用事手伝って!、ばぶー!やー!やー!!。。下の子が生まれて幼児がえりしてしまった上の子の一誤(納得する方も多そうw)

    ●契約の手都築
    (契約の手続き)
    困ったときには都築さんの手を借りよう!、会社で頼られる契約の専門家・都築さんを称える一誤(身近に専門家がいると助かるのじゃよねー)

    ●荒木戸ン酸
    (アラキドン酸)
    ジョジョに絡めて解説を書いてみようと思いつつ、なかなかいい案が出てこなかった困ってしまうオラオラオラ!な一誤(^^ゞ

    ●差異リース
    (再リース)
    リースアップした製品を再リースすると、とっても安くなってアラうれしいと思ってしまう一誤。でもリース会社とメーカーは買い替えてもらえなくて少々悲しいのであります(^^;

    ●部統計協議
    (武闘系競技)
    統計データをどう分析して自分の課に有利な情報にするか、部内で武闘のような激しい戦いが続くマーケティング会社の一誤。

    ●舞踏系競技
    (武闘系競技)
    長拳や八卦掌のようにまるで舞踏のように美しい型を見せる武闘系中国武術の一誤。ああ一誤変換で二度おいしかったのう ゞ(^-^;コラコラ
     

  • ●乗り過ごし客の9歳
    (乗り過ごし客の救済)
    なに、駅を乗り過ごした?どこの酔っ払いとだ?、おっと9歳の子供さんが乗り過ごしちゃったのかぁ!助けてあげなきゃ!!、酔っ払いと子供では扱いに雲泥の差がある一誤。

    ●計検地をあげる
    (経験値をあげる)
    太閤秀吉の検地は経験値をあげた手慣れた役人が集まって計算したからこそ成功したと伝える裏の仕事の大切さを教える一誤。

    ●思索した霊
    (試作した例)
    うーん、どうやれば試作がうまくいくか例を思索しなくちゃ…ギャー実験室に霊が出たー!亡くなっても思索と試作を続けるど根性エンジニアの一誤(^^;

    ●脳採れしてみるよ
    (脳トレしてみるよ)
    はっはっは、脳トレした頭は美味しいのう、いっぱい採ってみるよ!頭は回るけど悪い奴らの脳を集めて食べている地獄の鬼達の恐ろしい宴の一誤(-_-;)

    ●過去九な仕事
    (過酷な仕事)
    こんな過酷な仕事は過去に九回やったことがあるよ。1,2度のキツい仕事で音を上げ手はいけないと諭す苦労人の一誤

    ●お向井さん
    (お向いさん)
    お、向井さん!いいところに来た。ウチお向いさんのことなんだけどさぁ…
    いつでも皆に相談を持ちかけられちゃう世話人・向井さんの一誤。

     

  • satoyama
    (里山散策)
    佐久地方の里山を散策していた山さん、犯行現場の山との差に気が付き、犯人のトリックを見破った、休日も仕事から離れない「太陽にほえろ」な一誤。

    ●法律市工事店に対応
    (法律施行時点に対応)
    ふっふっふ、市議会に手を回しておいたからな、法律施行時点でうちの工務店だけ工事に対応できておるのだよ!、裏工作が得意な悪徳工務店の一誤。

    ●レッドつぇっぺ林
    (レッドツェッペリン)
    おいおい、ジジイが使っているIMEなのにレッドツェッペリンを変換できないのかよ!とちょっとキレ気味になってしまったワシの一誤(笑)

    ●富士っ四
    (不実施)
    いくらなんでも四つも義務があるんじゃ実施できませんよ、富士市で不実施になった四法案をまとめて言い表した一誤(すみません!冗談ですよ、富士市のみなさん(^-^;)

    ●気本家医薬書
    (基本契約書)
    長年にわたって気本家に伝わる医薬書、閲覧には基本的に契約書を交わしてもらっちゃうほど貴重な書物だと言い伝える一誤。

    ●十足値
    (実測値)
    イカ向けもつくる靴屋さんは足10本も測定しないといけないので大変だという竜宮城内情を知らせる一誤。

  • ●表情の佐賀わからない
    (表情の差がわからない)
    喜怒哀楽の表情の差がわかりにくい佐賀県の県民性をいい表した一誤(嘘です、冗談です!!、佐賀県民の方ゴメンネw)

    ●ラジオの兆種
    (ラジオの聴取)
    毎日ラジオを聴取してメルマガの種をチョー選んでいるワシの日常な一誤。

    ●新管千0慧
    (新幹線0系)
    千の配管が張り巡らされる帝都の地下、まるで新幹線のように彗星のように現れ入り乱れた管をゼロ本に統合した配管イノベーション技術の一誤(なに言ってるのかわからない~(^^;)

    ●排気する?
    (廃棄する?)
    モノを捨てるのか、排ガスを捨てるのか、聞いただけでは分からない時は字で書きましょう~!

    ●ボタンは一途
    (ボタン配置図)
    どこにどんなボタンを置けば使いやすいか?ボタン配置図作りに一途にかける職人的エンジニアの仕事ぶりの一誤。

    ●遼集しました
    (領収しました)
    遼君、領収書を集めておいたよ!、プレーで活躍する傍ら、領収署集めが大変な個人事業主の遼君の一誤。

  • ●目が鈍器
    (メガドンキ)
    欲しいものがアレコレ全部安いので、思わず目が鈍器のように座ってしまう格安販売店メガドンキをさまようお客さんの一誤。

    ●UV十四加工
    (UV樹脂加工)
    光沢や盛り上がりのあるUV印刷は十四回くらい樹脂を塗り重ねていると瀧見の技を教える一誤。先週に引き続き同じ「十四」ネタが連続して誤変換が不足気味というじーちゃんの実情をそっとバラす一誤でもあります(笑)

    ●一ツ橋行動
    (一ツ橋講堂)
    学生諸君・まずは行動だっ!、若者たちが立ち上がる姿を包んで祝福する一ツ橋講堂の歴史ある一誤。

    ●ブラしないよ
    (ブラシないよ)
    「おねーちゃん、ブラシないよ!」「はいはい、出かけるなら目立っちゃうから『ブラトップ』は着ていこうねぇ~」「いや、だからブラシないんだって!」「だからぁ、、、」姉妹にありがちな噛み合わない初夏の会話の一誤。

    ●生物額の木曽
    (生物学の基礎)
    多様性ある生態を誇る木曽お山林こそ、生物学の基礎を学部のには最適な場所だと指摘する一誤(白神山地もいいと思う)

    ●ラジオの兆種
    (ラジオの聴取)
    毎日ラジオを聴取して「笑うジジイ」の話の種をチョー集めている無頼庵老師の一誤w

  • ●十四
    (樹脂)
    手軽にクラフトに使える樹脂の種類は十四種類!と言い切る、とてもに適当な一誤(^^;

    ●先制に確認
    (先生に確認)
    こんな問題も分からないのか!と先生に言われる前に「先生、ここを教えてください!」と先制攻撃して確認しちゃうと怒られにくい。学生の世渡り上手な一誤。

    ●表情の佐賀わからない
    (表情の差がわからない)
    お隣のお友達に変顔しても、あまりに隣が遠くにあるため普通の表情との差が分からない佐賀の住宅近隣環境を訴える一誤。

    ●実は立地だった
    (実はリッチだった)
    あの店繁盛してリッチにしているよね、なんでだろう?、そりゃあ立地が違うもん!!出店は計画的にねっ。

    ●関氏の一節
    (漢詩の一節)
    「ここで関様より一言いただきます」「えー漢詩の一節にこのような言葉があります…」おいおい関さんにコメント求めちゃダメだろう、、長々と一説を拝聴することになった一誤(ちょっとあるある!じゃね)

    ●職場の兵庫
    (職場の標語)
    異人館、眺めるよそ見はやめましょう!。兵庫の職場に掲げてある交通標語の一誤。

  • ●展示会の海上
    (展示会の会場)
    これを展示会の上海と読んでしまった人、手を挙げて!
    え、ワシくらいじゃったの??、展示会の会場で一人海上を漂うような孤独を感じてしまった一誤w。

    ●若干変わルカ脳性
    (若干変わる可能性)
    ルカの福音書が脳の性質に与える影響は素晴らしく、読んだ人は若干変わる可能性があるという、聖書の素晴らしさを説く一誤(すみません、じょうだんです~(^^ゞ)

    ●遼氏はどう
    (量子波動)
    研究に打ち込んでいても、石川遼君の戦績が気になってしまうゴルフ好きの量子波動研究者の一誤。

    ●帰りは襲い
    (帰りは遅い)
    これぞまさしく送り狼君のことじゃねw

    ●児童車
    (自動車)
    誤変換を見てその通り、お子ちゃまの足漕ぎカーの一誤。

    ●藤さん登山
    (富士山登山)
    どちらまで?、ええ富士山まで。何気なく答えてバリバリ登っちゃう元気な藤さんの一誤。

     

  • ●自体を制汗してます
    (事態を静観してます)
    脇汗で一躍人気者になったあのアナウンサーさんも、冷や汗をかかないように自分を制汗して事態を見守るニュースの一誤(有働さん大好きで~す!)

    ●差くらい三
    (桜井さん)
    いつもキメてる桜井さんは、つねに周りに3くらい差をつけているらしい嵐な一誤。

    ●タスクと例
    (タスクトレイ)
    仕事ができる人のタスクトレイには、タスクごとの例がちゃんと入っているというできるビジネスパーソンのぬかりない一誤。

    ●乳出庫
    (入出庫)
    母乳で育てるママさんは、しょっちゅうお乳を出し入れせねばならないので大変ね、と気遣う一誤 ゞ(^-^;

    ●大クリします
    (お送りします)
    毎年秋に栗を沢山送ってくれる農家のお友達がいるワシの奥さんは、栗の花を見ているだけで秋にやってくる大クリが楽しみになってしまう、食いしん坊の一誤(実話です…(^-^;)

    ●した辞職
    (下地色)
    見え見えの下心の下地の色が透けて見える、総辞職する政治的駆け引きの一誤。

  • ●奪取縞
    (ダッシュ島)
    物置から奪取してきたものに縞柄の抜け殻が、、、城島リーダーの悲鳴が響くダッシュ島探検生活の一誤。

    ●カコ500年
    (過去500年)
    あのカコちゃんは500年も生きているから過去500年のことにはメッチャ詳しいんだ!、ほとんどヨーダのような扱いを受けている歴女の一誤。

    ●自然とい着物のかかわり
    (自然と生き物のかかわり)
    一番いい服は何かと考えていたら、自然にかかわるなら着物が一番と気づいたエコロジー実践派の一誤。

    ●オッサン我は投げ抜き
    (オッサンが鼻毛抜き)
    この試合、我が投げ抜くぞっ!、いやいや言っていることはカッコいいけど鼻毛を抜きながら言うんじゃ迫力ゼロだよw、草野球前日の飲み屋での打合せ風景な一誤。

    ●日常が大雪
    (日常が大切)
    そりゃー毎日雪が降り積もってますから常に雪かきや雪下ろしのようなケアが大切と教える豪雪地帯の一誤。

    ●小人用端末
    (個人用端末)
    その昔、えー!これで電話できるの?といいたくなるくらい小さいPHS端末があったけど、あれって小人用端末だったんだ!ゞ(^-^;コラコラ

1 2 3 4 5 6 17