笑うジジイの文筆

ABOUTUSABOUTUS無頼庵's無頼庵's問い合わせ問い合わせ

誤変換

  • ●もし幾何下図
    (模式化した図)
    もし、むずかしい幾何の問題が分からないときは下の図を見てね、おお?模式化した図だと解りやすい!、懇切丁寧な参考書の図解を褒め称える一誤。

    ●日本各地の有怨図
    (日本各地の雨温図)
    雨が降ります怨念の涙雨が。。。生温かい雨が降っているときは気をつけるべき日本各地の怨念たっぷりの地域を教える地図の一誤(こわぁ~(^^;)

    ●暗鬼は市内
    (暗記はしない)
    青鬼は海辺の町を、赤鬼は山の集落を、暗い鬼のお前は市内を、それぞれ担当して襲うように!。行き先は覚えたか?いいえ、暗記はしないで適当にやるのであります!!、情けない鬼たちにほとほと弱る閻魔大王の一誤。

     

  • ●縁にない説
    (円に内接)
    文系の生徒たちには円に内接する直線の問題は、縁がないという説を唱えている誤変換じゃ。

    ●あんな色
    (案内路)
    わかりやすくするために案内路の地図は、あんな色にしてくれるといいなあ?とお願いする字が見えにくくなっているシニアのお願い一誤。

    ●多角もリアがる
    (高く盛り上がる)
    なぜかリア充だけであつまると多角的な話題でも、会話全体が高く盛り上がってしまう一誤。

     

  • ●エアコンの賽銭場
    (エアコンの再洗浄)
    古くなったエアコンでも、再洗浄して、お賽銭をあげる神社でお祓いを受けてから中古市場に出す律儀で信心深い業者さんから買うなら安心と教える一誤。

    ●都合のいい字間
    (都合のいい時間)
    最近の資料作成ソフトは、ちょうど読みやすくて分かりやすい文字間をあけるようになっていて何かと都合がいいのであります(^-^)b

    ●グラフの好転
    (グラフの交点)
    とても悪かった営業成績グラフ、皆の頑張りで損益分岐点の交点を超えて右肩上がりに好転していてホッとした支店長も喜ぶ一誤。

  • ●自動生徒
    (児童生徒)
    学校に入ると自動的に児童は生徒になります、小学校入学前オリエンの妙な説明の一誤。

    ●大に改装
    (第二階層)
    お客様の使い勝手を考えて、第二階層を大いに改装する新年度前のウェブ運営する中の人の一誤。そうそう、見直してこそのウェブじゃよね(^^ゞ

    ●学生が火曜
    (学生が通う)
    沢山の学生が火曜に通う曜日に合わせてサービスメニューがある食堂の一誤。

     

  • ●機器を感じる
    (危機を感じる)
    IOTで接続された機器たちからの情報が素晴らしくて、自分の職が危ないと危機を感じているマーケッターの一誤。ううぶまさに現代的な誤変換じゃのう(笑)

    ●ヨーグルトの金
    (ヨーグルトの菌)
    最近大人気のギリシャヨーグルトの菌は、売れまくるのでまさしく金を生むのだと教える一誤。

    ●誤単能あれ
    (ご堪能あれ)
    さあ皆さん、単語ごとに能動的に現れる誤変換を堪能されましたか?
    今回はここまで。さよなら、さよなら、さよなら!

     

  • ●代符号
    (大富豪)
    手旗やモールス信号、そんな決まりきった符号ですら自分の都合で代わりのものを作らせてしまう大富豪のわがままな一誤(わがままじゃない大富豪もたくさんおります(^^;)

    ●漢字訳
    (幹事役)
    おーい幹事、メニューの幹事が読めないんだけどなんて書いてあるんだ?、そんなアホな酔っぱらいの翻訳まで引き受けさせられちゃう幹事疲れ様の一誤。

    ●羊に食べさせる神
    (羊に食べさせる紙)
    迷える子羊たちよ神様である私を食べなさい!、なんて奇跡っぽいパフォーマンスをしなくてもヒツジは紙を食べちゃうのでありました(^◇^;)

     

  • ●話すする
    (鼻すする)
    てやんでい、べらぼうめっ!…ずずっ!!話の途中でも鼻をすすってしまう、せっかちな花粉症の江戸っ子の一誤。

    ●神奈川沖な三浦
    (神奈川沖浪裏)
    もしかすると、あの北斎の名作は三浦半島の辺りで描かれていたのかもしれないと教える謎解きな一誤(定説によると、、、なんて真面目なことは言いっこなしね(^◇^;))

    ●美醜不死身原
    (尾州不二見原)
    尾張の不二見原から見る富士山は、美醜どころか死すら超えて不死身の美しさだと称える、以前出ていたかもしれない??一誤ゞ(^-^;

     

  • ●廊下現象のひとつ
    (老化現象のひとつ)
    まっすぐなはずの廊下を歩くだけなのに疲れてしまうのは老化現象であるとこたえる、そりゃそうだろうな一誤。

    ●原因なんだ老化
    (原因なんだろうか)
    そうそう、そんな症状は老化が原因なのよ。直前の誤変換に応えてみた一誤。

    ●データが細心にならない
    (データが最新にならない)
    あれだけ細心の注意を払っているのにデータのアチコチにミスがあり、最新データにならず困っているお仕事中のワシを言い表した一誤(経理とか正確な数字を求められる齟齬とは苦手なのじゃよ(^^ゞ)

  • ●代符号
    (大富豪)
    手旗やモールス信号、そんな決まりきった符号ですら自分の都合で代わりのものを作らせてしまう大富豪のトランプ(切り札)な一誤(だからトランプは切り札の意味で他意はないんですってば(^^;)

    ●漢字訳
    (幹事役)
    おーい幹事、メニューの幹事が読めないんだけどなんて書いてあるんだ?、そんなアホな酔っぱらいの翻訳まで引き受けさせられちゃう幹事疲れ様の一誤。

    ●羊に食べさせる神
    (羊に食べさせる紙)
    迷える子羊たちよ神様である私を食べなさい!、なんて奇跡っぽいパフォーマンスをしなくてもヒツジは紙を食べちゃうのでありました(^◇^;)

  • ●印象は買いが店
    (印象派絵画展)
    あの店の印象だと印象派の絵画なら買いとってくれそうだぜっ!アホか、そんなお宝絵画を持ってたらとうの昔に売ってるわいっ!!。絵を売る前に少しは作品を見ておきましょうという一誤。

    ●金市長
    (錦糸町)
    当山の金さんが市長を勤める錦糸町界隈の一誤(錦糸町は市じゃなくて墨田区だってばw)

    ●会社の銅器かい
    (会社の同期会)
    え、これ本社創業の地から出土した銅器なの?会社のOBの各同期会に聞いてみよう、うちの会社は1000年以上続いているっていうからねって虎屋より創業の古い会社での一誤(そんな会社あるか?)