笑うジジイの文筆

ABOUTUSABOUTUS無頼庵's無頼庵's問い合わせ問い合わせ

誤変換

  • ●自動生徒
    (児童生徒)
    学校に入ると自動的に児童は生徒になります、小学校入学前オリエンの妙な説明の一誤。

    ●大に改装
    (第二階層)
    お客様の使い勝手を考えて、第二階層を大いに改装する新年度前のウェブ運営する中の人の一誤。そうそう、見直してこそのウェブじゃよね(^^ゞ

    ●学生が火曜
    (学生が通う)
    沢山の学生が火曜に通う曜日に合わせてサービスメニューがある食堂の一誤。

     

  • ●機器を感じる
    (危機を感じる)
    IOTで接続された機器たちからの情報が素晴らしくて、自分の職が危ないと危機を感じているマーケッターの一誤。ううぶまさに現代的な誤変換じゃのう(笑)

    ●ヨーグルトの金
    (ヨーグルトの菌)
    最近大人気のギリシャヨーグルトの菌は、売れまくるのでまさしく金を生むのだと教える一誤。

    ●誤単能あれ
    (ご堪能あれ)
    さあ皆さん、単語ごとに能動的に現れる誤変換を堪能されましたか?
    今回はここまで。さよなら、さよなら、さよなら!

     

  • ●代符号
    (大富豪)
    手旗やモールス信号、そんな決まりきった符号ですら自分の都合で代わりのものを作らせてしまう大富豪のわがままな一誤(わがままじゃない大富豪もたくさんおります(^^;)

    ●漢字訳
    (幹事役)
    おーい幹事、メニューの幹事が読めないんだけどなんて書いてあるんだ?、そんなアホな酔っぱらいの翻訳まで引き受けさせられちゃう幹事疲れ様の一誤。

    ●羊に食べさせる神
    (羊に食べさせる紙)
    迷える子羊たちよ神様である私を食べなさい!、なんて奇跡っぽいパフォーマンスをしなくてもヒツジは紙を食べちゃうのでありました(^◇^;)

     

  • ●話すする
    (鼻すする)
    てやんでい、べらぼうめっ!…ずずっ!!話の途中でも鼻をすすってしまう、せっかちな花粉症の江戸っ子の一誤。

    ●神奈川沖な三浦
    (神奈川沖浪裏)
    もしかすると、あの北斎の名作は三浦半島の辺りで描かれていたのかもしれないと教える謎解きな一誤(定説によると、、、なんて真面目なことは言いっこなしね(^◇^;))

    ●美醜不死身原
    (尾州不二見原)
    尾張の不二見原から見る富士山は、美醜どころか死すら超えて不死身の美しさだと称える、以前出ていたかもしれない??一誤ゞ(^-^;

     

  • ●廊下現象のひとつ
    (老化現象のひとつ)
    まっすぐなはずの廊下を歩くだけなのに疲れてしまうのは老化現象であるとこたえる、そりゃそうだろうな一誤。

    ●原因なんだ老化
    (原因なんだろうか)
    そうそう、そんな症状は老化が原因なのよ。直前の誤変換に応えてみた一誤。

    ●データが細心にならない
    (データが最新にならない)
    あれだけ細心の注意を払っているのにデータのアチコチにミスがあり、最新データにならず困っているお仕事中のワシを言い表した一誤(経理とか正確な数字を求められる齟齬とは苦手なのじゃよ(^^ゞ)

  • ●代符号
    (大富豪)
    手旗やモールス信号、そんな決まりきった符号ですら自分の都合で代わりのものを作らせてしまう大富豪のトランプ(切り札)な一誤(だからトランプは切り札の意味で他意はないんですってば(^^;)

    ●漢字訳
    (幹事役)
    おーい幹事、メニューの幹事が読めないんだけどなんて書いてあるんだ?、そんなアホな酔っぱらいの翻訳まで引き受けさせられちゃう幹事疲れ様の一誤。

    ●羊に食べさせる神
    (羊に食べさせる紙)
    迷える子羊たちよ神様である私を食べなさい!、なんて奇跡っぽいパフォーマンスをしなくてもヒツジは紙を食べちゃうのでありました(^◇^;)

  • ●印象は買いが店
    (印象派絵画展)
    あの店の印象だと印象派の絵画なら買いとってくれそうだぜっ!アホか、そんなお宝絵画を持ってたらとうの昔に売ってるわいっ!!。絵を売る前に少しは作品を見ておきましょうという一誤。

    ●金市長
    (錦糸町)
    当山の金さんが市長を勤める錦糸町界隈の一誤(錦糸町は市じゃなくて墨田区だってばw)

    ●会社の銅器かい
    (会社の同期会)
    え、これ本社創業の地から出土した銅器なの?会社のOBの各同期会に聞いてみよう、うちの会社は1000年以上続いているっていうからねって虎屋より創業の古い会社での一誤(そんな会社あるか?)

  • ●ジャイアントのび太
    (ジャイアンとのび太)
    ボクとジャイアンをセットで語るなっ!巨大化して怒り出すくらい嫌がるのび太君の自尊心を呼び起こす一誤。

    ●墓石ない
    (破壊しない)
    何も破壊しないモノを大切にする偉人は墓石がなくても皆の尊敬を集めるのだと偉人の人徳を称える一誤。

    ●本社総武藤
    (本社総務等)
    「あのー総務の武藤さんいらっしゃいますか?」「どのムトウでしょう、うちの本社は生がみんな武藤なんですよぉ~」どっひゃー、ムトウさん多すぎの会社でしょう!!

  • ●太鼓式マッサージ
    (タイ古式マッサージ)
    マッサージの最後にポンポンポン!と太鼓のようにいい音を響かせて終える、タイ古式マッサージの流派を指し示す一誤(痛くなけりゃいいけどねっ)

    ●伝票の提出、招致しました
    (伝票の提出、承知しました)
    期日までに支払えなくなるから伝票をちゃんと出してね、と手招きして伝票を招いている経理部門の一誤。

    ●市ばかり
    (芝刈り)
    市営運動場の芝刈りは、ほかの誰でもない市ばかりが担当しているという考えてみれば当たり前な一誤。

  • ●午前阪急
    (午前半休)
    平日の午前中は阪急、そして午後は高島屋で過ごす有閑マダムを間近に見られる午前半休で帰宅途中の大阪のサラリーマンの一誤。

    ●活動量刑
    (活動量計)
    ちゃんと活動して体重を減らさないと量刑が増えてしまう、ライザップよりさらに厳しい最新式監獄ダイエット教室の一誤(んなバカなw)

    ●井上用水
    (井上陽水)
    多くの人のために用水を引いた井上さんは、井上陽水と名乗って音楽活動にいそしんおられるのである(テキトーな解説(^^ゞ)