実話【自慢大会】健康診断 1

無頼庵老師である。

ワシの職場の健康診断にまつわるお笑い実話じゃ!

—☆—☆—

■自慢大会

先日、職場の健康診断があった。今年から我々ジジイは職場に来る検診車ではなく病院での人間ドックになった。診断が終わって数日後、似たような年齢の仲間と昼食をしているときに診断結果の話題になった。

クニヒコさんが得意げに話す。
「無頼庵さん、体内年齢はいくつでした?、私ね、49歳だったんですよ!」

そう、病院ではタニタの体重計で体組成も測ってくれたのじゃ。

「ふっふっふ、35歳でしたぞ。」
ほくそ笑みながら答えるワシ(笑)

すると、いつも一緒に食事をしている細身体型のウチさんが勝ち誇ったような笑顔で続けた。
「私、27歳でしたよ、ふっ。」

「え”~~~!!」
若さ自慢しあったはずのクニヒコさんとワシは、ウチさんにしっかり自慢されてしまったのであります(^^;。

しっかし27歳は凄いのう(^^;

 

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP