本格的な酒の季節の前に

無頼庵老師である。

よく行くスーパーの冷蔵飲料のコーナーに何気に置いてある酒に目を奪われた。

どぶろく ではないか!

どぶろく

と写真を撮る前に、すでに飲んでしまいましたが(^^ゞ

濁り酒のようであるが、どぶろくはまた別のお酒じゃ。
一切ろ過していないので、甘酒のような感じじゃ。そして発酵も止めていないので、開けてから味も変わっていくという「生きている」酒じゃ。

このどぶろくは、発泡していて炭酸の酸味と麹の甘みが品よく絡み合っていて何ともいえないワシ好みの味わいであった。
よい子の皆も機会があったら是非お試しあれ。

 

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP