お笑い実話【そんな落とし物まで…】人もネタも行き交う駅 2

無頼庵老師である。

ワシの部署の若手が所用で駅の事務室に行ったときのこと。
対応の駅員さんとが応対してくれている間に、なにげなく拾得物のホワイトボードを眺めたら、落し物に目が釘付けになった。

その落し物はなんと!

差し歯

落し物自体にぶっ飛んだ以上に差し歯が落し物として届くことに感心しきりの若手君であった(^◇^;)

 

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP