【実話】ビバ・ラスベガス!

■■ビバ・ラスベガス!

今回は大規模な展示会が開かれるため、多くのビジネスマンが訪れるという側面を持つラスベガスのお話しであります。
はい、ワシもお仕事で何回か行ったことがあるのじゃ。そう、お仕事じゃよ、お・し・ご・と!!(あせあせ)

—☆—☆—

■間違ってる!

ラスベガスのホテルは世界の名所を模しているところが多い。
エジプト、ローマ、ニューヨーク、海賊船なんてホテルもある。その中にパリを模したホテル「Paris」があり、ワシが仕事で行くときはこちらに泊まっておった。
Parisというくらいなので、ホテルの前にはなんとエッフェル塔と凱旋門が立っている。もちろん1/2くらいのサイズなのじゃが展望台になっていて、ラスベガスの名所の一つでもある。

Parisに5日以上泊まるため、仕事場から帰るときはエッフェル塔が目印になる。毎日エッフェル塔を目指して帰っていると、だんだんエッフェル塔がラスベガスの象徴に思えてくるのじゃ(笑)。

おかげで日本に戻ってエッフェル塔の写真を見ても、

「ああ、ラスベガスじゃね!!」

と勝手に思ってしまうのじゃ(あせあせ)。ヒヨコとジジイは刷り込みを受けやすいのかも(笑)

—☆—☆—

■思い出す!

ラスベガスのホテルといえば、派手な電飾やライトアップがつきもの。メインストリートから眺めるホテル群はまるでレジャー施設のようでとても楽しい。

先日名古屋に出張して東海道線に乗った。
会議が遅くなり、電車から眺める風景はすっかり夜じゃ。その目の前にド派手な電飾の建物群が現れた。

「おお、まるでラスベガス!、思い出すのう~!!」

よく見ると、それらはラブホテル群!!
ド派手にして集客しておるのじゃろうね(^^;
もしかして名古屋のラブホはラスベガスをお手本にして作っているのかも(笑)

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP