【実話】モバイル今昔

■■モバイル今昔

カンブリア紀からモバイルでノマドしているワシである(大げさ)。
そんなワシじゃからこそ知る、モバイル黎明期のお笑いネタじゃ。

—☆—☆—

■モバイルコンピューティング(^^;

ノートパソコンが今ほど普及していなかったころ、わしはMacのPowerbook Duoという当時としては画期的な小型軽量ノートPCを使っておった。

「無頼庵さん、いいですね~。ボクもモバイルコンピューティングするんだすけど大変ですよぉ~。」

ワシのMacを見て声をかけてきたのは、広告代理店勤務の知人じゃ。
「同じMacでもPowerbookは重いからのう。」

「ちょっと違うんですよ。」

はて、どんなPCを持ち歩くのじゃろう?

「コンペでプレゼンテーションをするとき、やっぱり迫力がほしいんです。で、タワー型のデスクトップのQuadra800と21インチのカラーモニターを背負子で背負ってクライアントに出向くんですよね。現場でMacが動くどうかちょっとコワいんですけど(笑)」

どっひゃー!!
MacのQuadra800は10kg、モニタは40kgあるっちゅーのに!!
それでもモバイルしちゃう広告代理店の気合いに脱帽じゃ(^-^;

—☆—☆—

■バカにされた電話する姿が

一時通信関係の仕事をしていたことがあり、(当時)先進的な端末を使っていた時期があった。その名は松下電器産業(現パナソニック)のピーターパン!。、、、ビジネスで使うIT機器のネーミングじゃないのう(^^;。
こちらがその端末の写真じゃ(インプレスのPC Watchより)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/971104/ptp1.jpg

それはさておき、このピーターパンはWebはできないけど、メールやスケジュール管理などビジネスに必要な機能が盛り込まれておる。そして当然電話もできる少々厚いけれど、とても今ぽいデザインじゃ!

しかし。
当時ピーターパンで電話していると周りがビックリしたり思いっきりバカにされたのじゃ。当時折り畳み式携帯電話が出たころで、スリムなボディをパカリと開いて電話するのがかっこよかった。
四角いPDAで電話する姿は、まるでお弁当箱のおかず入れみたいなのを耳に押し当てているようで見たことない異様な姿だったのじゃ(^^;

あれから約20年。
薄っぺらくなったとはいえ、スマホの四角いハコを耳に押し当てて電話するのが普通になっておるではないか。どっちかといえば折り畳み携帯電話で電話しているほうがカッコ悪くなっておる。

世の中そんなもんなんじゃよね~(笑)

 

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP