お笑い実話【掻くだけじゃだめだって!】

無頼庵老師である。

今日も、思わず手を出したくなる ゞ(^-^; お話をイラストつきでお届けしますぞ。

 

------

混んでいる通勤電車内で目の前を虫が飛んでおった。あら、なんの虫じゃろう?!と気にしていたら、目の前に立つお団子ヘアの娘さんの襟足にピタリと止まった。
あ、それ、くすぐったそうと思ったら、娘さんは左手でポリポリと掻きむしる。

 

掻く娘さん
手を下げた後を見たら、虫君が、、、

※アップも描いてみたのじゃ

虫君

 

ああ虫君が、こんな姿に!
半分つぶされて首に張り付いてしまい、もがいておるでわないか!
きゃー、虫君がかわいそうだし、娘さんも気色悪いじゃろうに!

 

ぱっと払いたい!、触るわけにいかんのでふーっと息を吹きかけて飛ばしたい!、それも適わぬなら、娘さんの手を取って払い落とす手伝いを、、、
これ、どれをやっても次の駅で降ろされちゃうのう(^^;

 

ということで「笑うジジイ」のネタにしよう!と心に決めて、手を出したい気持ちを紛らわしておりました(^^ゞ

 

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP